読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール佐賀大和店 シマブロ

島村楽器 イオンモール佐賀大和店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

佐賀北がんばれ!ホットライン2007第8回佐賀予選!

残暑お見舞い申し上げます。まだまだ暑い日が続きますね。皆様、いかがお過ごしですか。甲子園では、地元佐賀北高校がすごいがんばりを魅せてくれていますね。私たちも負けずに暑いライブをお届けいたします!さあ、第8回となりました、ホットライン2007佐賀予選の出場アーティストのライブレポートです。

今回出場された方々はこちらの7組の皆さんでした。

1.クロマチックラン

kuro
本日トップバッターは、クロマチックラン。全員10代の勢いも、それをコントロールするテクニックも持ち合わせた見事なライブ。メンバー全員の幅広い音楽性をしっかりとまとめ上げたソングライティングも素晴らしいです。オリジナリティを持っているバンドは強い!そう感じさせるライブでした。

クロマチックラン


2.Hoapili 

ho
こちらも2人とも10代、この2人でのライブは今日が初めてのHoapili。きっと今しかできない曲を、今しかできない演奏で聴かせてくれました。伝えたい、という意識の強い熱演でした。


3.柿原弘典

kaki
何と当日飛び入り!普段は路上や居酒屋で活動の柿原弘典。落ち着いた深みのある声で会場を魅了。次は長い時間がとれるライブで是非ともじっくりと聴かせてもらいたい、と思うライブでした。


4.佐賀牛マスター

saga
前回大会も参加、脅威のエンターティナー、タナyanが今年はユニットで参加。そのエンターテイメントな姿勢は曲にも、音にも、十二分に反映されて、会場は一気に盛り上がりを見せました。こう、個性の違うライブを一気に見ることができるのも、HOTLINEの醍醐味です。


5.ストレッタ 

suto
ピアノボーカルとバイオリンという異色ユニット、ストレッタ。この一ヶ月、福岡に佐賀に精力的に活動をしてきている2人。ピアノもボーカルもバイオリンも、2人がお互いの演奏を高めあうという理想のユニット像。楽器の違いを超えて、他の出演者にも大きな刺激になったようでした。


6.重松正輝 

shige
前大会から定期的にライブ参加もしてくれている、重松正輝。最近は活動の幅が広がったことに伴って、表現力が急激に増しています。ささやくような小さい歌声から、大きく張る声まで、一声一声に意志を込めて歌い上げる姿が印象的でした。

重松正輝


7.Smiling face

SmilingFace
本日トリをつとめてもらいましたは、おなじみSmiling face。歌、演奏からMCまで、トータルに観客を飽きさせない、「ライブ」を見せてくれました。Smiling faceの曲は常にしっかりした展開を持っているのが強みだと思います。「曲」が「ライブ」になっても、同じように展開を構成していけるアーディストです。

Smiling face

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.